総量規制対象外 カードローン

総量規制対象外のカードローンはコチラ

総量規制って何?

これから各金融機関でカードローンの利用を考えている人やすでに利用している人は、総量規制と呼ばれるものをご存じでしょうか?

 

以前の金融機関であれば年収に関係無く審査に通過する事さえ出来れば融資限度額に制限を課せられなければ限度額ぎりぎりまで融資を受ける事が出来ました。

 

しかし、貸金業法の改正によって現在は、年収の3分の1以上の融資を行ってはいけないと決められており、一部の金融機関で適用されています。

 

現在、総量規制の対象となっている金融機関は、消費者金融系と信販系です。銀行系は、この総量規制対象外となっているため年収に関わらず融資限度額ぎりぎりまで融資を受けれる可能性があります。

 

銀行系や信販系は、審査が厳しいので、年収が低かったり他社からの融資を受けている状態の場合には、要審査となり審査を通過する事が難しいのですが、消費者金融系の場合は、パートやアルバイトなどの比較的低収入の方や他社からの融資件数が3社以内であれば審査に通過する事があり、借りやすい事から借りては返済するの繰り返しでいつまで経っても全額返済する事が出来ず、しまいには、返済する事さえ困難となり、複数の金融機関から借金を抱える多重債務者を増やす要因となりましたが、総量規制が施行されたことによって借り過ぎや返済苦による多重債務者の増加に歯止めがかかるようになりました。

 

この総量規制が出来てからは、銀行系や信販系はもちろんの事、比較的審査が優しく借りやすいと言われていた消費者金融系も厳しい傾向にあり、特に他社から融資を受けている状態の場合、要審査となり、審査を通過する事が難しくなっているようです。

 

この総量規制によって多重債務者を減らす効果はあるものの他社から融資を受けておらず何らかの事情で融資を受けたくても低収入があるが故に総量規制によって希望する金額の融資を受ける事が出来ない事もあるので、良い面も悪い面もあると思います。

 

しかし、法律によって決められている以上、借り過ぎを抑制すると共に融資を受けるためにより安定した収入の見込める職業に就くことなどが求められます。

総量規制対象外のカードローンとは?

消費者金融系や信販会社などでカードローンの融資を受けると法律で定められた総量規制によって年収の3分の1以下までしか融資を受ける事が出来ず、制限があります。

 

この総量規制は、消費者の借り過ぎを防ぐ目的で定められたもので年収が300万円の人であれば最高でも100万円前後しか融資を受ける事が出来ません。

 

ただ、この総量規制は、消費者金融系や信販会社などに適用されますが、銀行系カードローンを利用する場合には、この総量規制は適用されず、総量規制対象外となるのです。

 

銀行系カードローンを利用する事で年収が300万円以上の人で審査に通過する事で年収以上の融資を受ける事も実現可能となるのです。

 

また、消費者金融系や信販会社などから融資を受けると銀行系カードローンと比べて金利が高い傾向にあります。

 

高い金利で利用期間が長ければ長いほど、高い利息も合わせて支払うことになるので、長期的な利用を考えている消費者であれば出来るだけ金利の低いカードローンを利用する事で利息も少なくなり返済に対する負担を軽減する事も可能です。

 

銀行系カードローンは、低金利の他に利用目的は自由であり、更に目的に応じたカードローン商品を数多く揃えているので、きっと消費者に合った最適なカードローン選びが出来るのではないかと思われます。

 

でも銀行から融資を受ける場合、消費者金融系や信販会社などと比べると審査が厳しいと言うハードルがあります。

 

仮に銀行系カードローンを利用する場合、消費者金融系や信販会社などのように短時間で融資を受ける事が出来るとは限りません。

 

大抵は、数日間要するのが一般的であり、早急に融資が必要な人にとっては非常に大きなネックとなるので、もし、銀行系カードローンを利用するのであれば、遅くともお金が必要な日の数日前には、申込を行っておく必要があります。

 

それでも一説によると、比較的低収入である主婦の方でも審査に通り、銀行系カードローンを利用出来る商品もあるようです。